人気ブログランキング |

飛行機の虜

ヴェイパーを引きながら  F-35  アメリカ空軍

2017年11月14日の撮影記録


離陸後の低空飛行は見られませんでしたが、ヴェイパーを引きながらの離陸を撮ることができました。

嘉手納飛行場での撮影は、逆光と陽炎が抑えられる曇りの日が最適ですね。






b0313338_14182459.jpg
Canon EOS 8000D  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
EXTENDER EF2X III
ISO-400  f/16  SS 1/320 800mm(35mm換算 1280mm)(MF )DPP現像
撮影場所 道の駅 かでな  4F 展望台

アメリカ空軍   Lockheed Martin F-35A  登録番号:14-5102
05R 上がり






b0313338_20572879.jpg
Canon EOS 8000D  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
EXTENDER EF2X III
ISO-400  f/16  SS 1/320 800mm(35mm換算 1280mm)(MF )DPP現像








にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

by south29island | 2017-11-19 23:45 | 嘉手納飛行場(DNA) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://okuranbo.exblog.jp/tb/27723665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tsuno30 at 2017-11-20 19:43
F-35Aですね。実は先日、近所の築城基地にもF-35Bが来たみたいでそれを事前察知してたら行きたかったのですが見逃しました。( ノД`)シクシク…
オスプレイもまだ見てない状況なので来年は両方の機種をぜひ見てみたいです。

>いやしかし、夏の展望デッキの暑さといったらもう厳しくて、一人で撮影していることが多かったですよ(苦笑

展望デッキは福岡空港も北九州空港もガラス越し(一部は金網が切られてる個所もありますけど)なので思うような写真が撮れないこともあるんですよね。
でも、福岡空港の4Fだったか展望デッキはエアコンもついてたので快適だったんですが、人も多いしガラス?プラスチック越といえばいいのか、撮影にはちょっと残念な環境にあります。

>D500よりもD7500の方がセンサースコアは高いようですから、十分満足できそうですね。

D500とそこまで大差はなくなってる機種なので今回それで買うことにしました。やはりマグネシウム合金とかダブルスロットが無くなった関係もあるようです。

>レンズの方は前世代の物ですから、500mmを写す際には f/11 まで絞って、

それなんですよね。値段も34000円以下で手に入れたものですが、D7500で撮影できるのかがシグマのほうでも未確認だったようで心配でした。>取り寄せで買ったので
しかし、D7500のボディの値段とシグマ150-600コンテンポラリーだけはちょと無理で、レンズは先送りしてもせめて望遠で500mm程度は至急ほしかったので買うことにしました。
レンズも傷がなく、チリとかもほとんど入ってなくって満足はしています。>まぁ値段相応の価値はあったのかなとは思います。

>那覇空港も嘉手納飛行場でもなるべく大きく飛行機を撮りたいのでしたら、500mm(35mm換算 750mm)は欲しいところです。

遠くの場所を撮影することもたまーーにあるのですが、そういうのって超望遠では不向きなのでしょうか?>結構天気が良くてもモヤがかかってる風に撮影されます。
Commented by south29island at 2017-11-22 00:21
こんばんは、ワンワンさん

築地基地に F-35B が?それは絶対行きたかったことでしょうね。
オスプレイも結構人気があるのか、嘉手納で撮影していると「オスプレイは飛んでないんですか?」なんて聞かれますよ。

ピーチが福岡空港まで1990円くらいで飛んでくれる日があったので遠征を考えたことがあるのですが、ガラス越しだったり金網があったりと撮影には難しそうだったので止めた経緯があります(汗

APO 170-500mm F5-6.3 DG は OS(手振れ補正)がありませんが、その点は大丈夫でしょうか?

天気が良い日に遠くの場所を撮影すると、陽炎が発生している可能性が高く、水蒸気が上がっているとモヤが掛かっているように見えることもありますよ。
なので、遠く写す際には大気の澄んだ日の早朝か夕方の時間帯が適しているかと思います。
ただ、どのような時間帯でも、冷えた空気と暖かい空気が入り交じる過程では陽炎が発生するので注意が必要です。