人気ブログランキング |

飛行機の虜

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ギアアップ直後をダメ元 ISO100

2015年3月13日の撮影記録


5月13日から1週間、名古屋と北海道に滞在していたので更新が遅くなりました。
5月20日に帰沖しましたが、タイミングを合わせるようにその日が梅雨入り。
湿度は高く、天候は不安定なので、150-600mmを実戦投入するに至りませんが、
室内撮影テストでは50-500mmより良い結果が得られています。

今回の写真は「熱気冷めやらぬ ANA777の離陸」と同じ撮影日で、B737の離陸シーンです。






b0313338_06562649.jpg
Canon EOS kiss x7  SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
APO TELE CONVERTER TC-2001
ISO-200  f/16  SS 1/160 1000mm(35mm換算 1600mm)(MF )
ピクチャースタイル スタンダード(色調補正済み) リサイズ加工のみ
撮影場所 琉球温泉瀬長島ホテル前

日本トランスオーシャン航空  (NU) B737-400 レジ番:JA8991
この写真はダメ元挑戦前で、ISO200での撮影。
もう少し大気が澄んで、熱気も引いていて欲しかった・・・






b0313338_07081607.jpg
Canon EOS kiss x7  SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
APO TELE CONVERTER TC-2001
ISO-100  f/18  SS 1/80 1000mm(35mm換算 1600mm)(MF )
ピクチャースタイル スタンダード(色調補正済み) リサイズ加工のみ
撮影場所 琉球温泉瀬長島ホテル前

日本トランスオーシャン航空  (NU) B737-400 レジ番:JA8993
こちらがタイトル通りのISO100設定。
夕暮れ時の時刻となり、帰り掛けにダメ元で撮ってみたところ、赤みを帯びたギアアップ直後のJTA機を捉えることができた。







にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
by south29island | 2015-05-28 22:45 | 那覇空港 JTA | Trackback | Comments(0)

期間限定機材  エバー航空(BR)のMD-90 

2015年05月05日の撮影記録


2014年、那覇空港に新規就航したエバー航空が、増加する旅行客に対応するため増便を決定しました。
増便は午後便となり、使用する機材は嬉しいことにMD‐90。
ただし、MD-90の使用は5月4日~8月4日までで、その後の使用機材はA321に変更される予定になっています。

*エバー航空の就航路線  桃園(TPE)⇔ 那覇(OKA)





b0313338_14213174.jpg
Canon EOS 7D  SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM Sports
ISO-200  f/5.6  SS 2.5/1 193mm (35mm換算 308mm)
エバー航空(BR)BR0186便  運航機材:McDonnell Douglas MD-90  レジ:B-17926

ピクチャースタイル スタンダード(シャープネス0) リサイズ加工のみ
撮影場所 那覇空港チェックインロビー階

防湿庫で寝ていた328ズームを久しぶりに使用。
スタンダード設定ではハロー効果が強すぎるので、シャープネスは0~1に落とした方が好ましい感じ。
それにしても、「EVA AIR」のロゴの下のライトは何だろうか?
お見送りのお礼にしても、ゴーストの置き土産は要らない(苦笑 *レンズの保護フィルター装着時

ちなみに午後便の到着時刻は18:55。
日が長くなれば夕陽を浴びたMD‐90が撮れるはずなので、新しく出来た瀬長島の展望台から着陸態勢を撮ってみたい。







にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
by south29island | 2015-05-09 15:15 | 那覇空港 エバー航空 | Trackback | Comments(0)

ゴーヨンの人 オレンエアの出発

2014年6月25日の撮影記録


50-500mmの写真ばかりでは アレ(曖昧ながら便利な表現)なので、EF 70-300mm F4-5.6L IS USM
写したオレンエアの出発シーンを選択してみました。

この日の事はよく覚えています。
この場にいたのは友人の他に、出発間際になって大きな白レンズを持って駆け付けてきた人の3人でした。
聞けばオレンエアの撮影が目的で、前回の飛来を逃していたとの事。
それにしても、その手にするレンズの存在感は圧倒的なものがあり、伺ってみるとゴーヨンで、
撮った写真を嬉しそうに見せてくれました。
カメラモニターの画像だけで写りの良さが伝わり、改めてゴーヨンへの憧れを抱いたものです。
思い返せばゴーヨンをお持ちの人と接する機会を得たのはこの日で3回目でした。

最初の機会は2013年の6月頃、瀬長島でジャンボの離陸を狙っていた時です。
30代くらいの長身の方がエアバンドを身に付けられ、ANAジャンボの絵柄シール付きの大きな白レンズでその離陸を撮り収めていました。
こちらは50-500mmに2倍テレコン仕様だったので、大いに引け目を感じつつも聞いてみることにしたのです。

「凄いレンズをお持ちですが、サンニッパですか?」

結果は不正解で失礼しました・・・
そのレンズはゴーヨンで、退役が近いジャンボの撮影に来ていたとの事。

相手の方は私の便利ズーム+2倍テレコン仕様に対し、
「これだけ距離があると少しでも寄りたくなりますからね」と話され、ホッとしたのを覚えています。
(画質はともかく(大汗

そのような事を切っ掛けに、なんとその高級高額高性能レンズを快く持たせてくれたのでした。
この時は心底嬉しく思い、貴重な体験をさせて頂いたとして印象深く残っています。






b0313338_04350449.jpg
Canon EOS kiss x7 EF 70-300mm F4-5.6L IS USM
ISO-100  f/8  SS 1/250 269mm (35mm換算 430mm)
ピクチャースタイル スタンダード リサイズ加工のみ
撮影場所 那覇空港チェックインロビー階

オレンエア(R2)B737-800 レジ番:VQ-BFY
トーイングカーが離れた後に動く気配がなく、その間約6分。
お見送りの1人は、待ち切れずに抜けていきました。

2回目の機会は、同じく2013年の8月頃。
名古屋小牧空港の三菱重工業付近の展望デッキで、50-500mmに1.4倍テレコンを装着してFDAや自衛隊機を撮っていた時です。
40代くらいでしょうか、眼鏡をかけられ、煙草を吸われる方がゴーヨンらしきレンズを持って現れました。
そのレンズに引き寄せられるようにしてお決まりの質問を投げ掛けたところ、やはりゴーヨン。

サンニッパ、ヨンニッパ、ロクヨン、サードパーティー製レンズなどを使用されて、
焦点距離と解像度、手持ち撮影可能な重さや金額などの面で最適なのは、ゴーヨンという結論に達したそうです。
加えて、AF性能や追従性なども考慮すると、サードパーティー製レンズより純正レンズを選んだ方が間違いない。とも話されました。

その際、「ゴーヨンを持って覗いてみますか?どれくらいの明るさか分かりますよ」と言われ、

その有難い言葉に甘えさせて頂き、レンズを覗いてBoeing KC-767Jを確認すると、
500mm f4の明るさを実感したものです。







b0313338_04375070.jpg
Canon EOS kiss x7 EF 70-300mm F4-5.6L IS USM
ISO-100  f/8  SS 1/500 155mm (35mm換算 248mm)
ピクチャースタイル スタンダード   ハイライト調整 リサイズ加工
撮影場所 那覇空港チェックインロビー階

全日空(NH)B777-300 レジ番:JA753A
オレンエアの離陸前に着陸してきた777。夕陽に向けて撮ると、さすがにゴーストが発生。


そのような出会いがあった割には、その後、SIGMAのサンニッパズーム新型テレコンTC-2001
最近では150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryを購入した私。
しかし、これで良いのです。
憧れはあろうとも、人それぞれの楽しみ方や事情がありますから。








にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

by south29island | 2015-05-03 16:45 | 那覇空港 チャーター便 | Trackback | Comments(0)