人気ブログランキング |

飛行機の虜

<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新規就航 タイガーエア 台湾(IT)

2015年06月29日の撮影記録


台湾のLCCであるタイガーエア 台湾(IT)が那覇空港に新規就航しました。
台湾の航空会社の就航はこれで何社目になったでしょう?

今回の撮影では150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryを使用しました。
実戦投入は2回目となり、(1回目の撮影は陽炎と霞が酷かったこともあって後回し)600mmの写りの良さと、
AF精度の良さを実感するに至りました。







b0313338_16343156.jpg
Canon EOS kiss x7 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-100  f/8  SS 1/800 600mm (35mm換算 960mm)
ピクチャースタイル スタンダード(シャープネス マイナス補正) リサイズ加工のみ
撮影場所 那覇空港チェックインロビー階
タイガーエア 台湾(IT)Airbus A320-200 レジ番:B-50003
夏期以外の早朝であれば、もっとはっきりとした輪郭が期待できるはず。







b0313338_15245472.jpg
Canon EOS kiss x7 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-100  f/8  SS 1/800 324mm (35mm換算 518mm)
ピクチャースタイル スタンダード(シャープネス マイナス補正) リサイズ加工のみ
この尾翼、「うる星やつらのラムちゃん」を連想したのは自分だけではないでしょう?







b0313338_00283557.jpg
Canon EOS x7 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-100  f/6.3  SS 1/1600 600mm (35mm換算 960mm)
ピクチャースタイル スタンダード(シャープネス マイナス補正) リサイズ加工のみ
撮影場所 那覇空港チェックインロビー階
ソラシドエア(6J)Boeing 737-800 レジ番:JA807X
タイガーエア台湾の出発時間を待つ間に、陽炎の影響をそれほど受けていない範囲にいたソラシドエアを絞り開放で撮ってみました。

ISO100で SS 1/1600を稼ぎ出すことができたのは意外ですが、機体の色が有利であることや、
それだけ沖縄の日差しが強く光量が豊富であると言えるのでしょう。
解像感に関しては、シャープネスをマイナス補正にしてもこれだけ写ってくれれば十分です。
「絞り開放でも使える」なんて評価をところどころで見ましたが、決して的外れな意見ではないと思います。





b0313338_16300313.jpg
Canon EOS x7 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-100  f/8  SS 1/1250 600mm (35mm換算 960mm)
ピクチャースタイル スタンダード(シャープネス マイナス補正) リサイズ加工のみ
撮影場所 那覇空港チェックインロビー階
ソラシドエア(6J)Boeing 737-800 レジ番:JA807X
同じ機体を絞り f/8で撮影。
f/6.3と比べると当然シャープな写りとなるので、通常は可能な限りやや絞った方が理想的ですね。







b0313338_16270461.jpg
Canon EOS x7 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-100  f/6.3  SS 1/1000 600mm (35mm換算 960mm)
ピクチャースタイル スタンダード(シャープネス マイナス補正) リサイズ加工のみ
撮影場所 那覇空港チェックインロビー階
トランスアジア航空 Airbus A320-200 レジ番:B-22318
絞り f/6.3をもう一枚。
白い被写体ばかり写しましたが、余程白い面ばかりを狙わなければ迷うことはなく、
AFは正確でストレスを感じることはありませんでした。
ちなみにx7の機能にマイクロアジャストメントはありませんが、購入時からピンズレがなかったので良かったです。
328ズームは7Dに装着した際に-19と大幅にピンズレしていたので調整に出した経緯がありましたから・・・









by south29island | 2015-06-30 21:45 | 那覇空港(OKA) | Trackback | Comments(0)