人気ブログランキング |

飛行機の虜

<   2016年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

導かれるように 白梅の塔 から バックナー中将の慰霊碑 へ

*飛行機の写真とは関係ありませんが、悪しからず。

前々回、霊体が見えたとか、コメントが寄せられる予感が的中したとか、まっくろくろすけ が見えたとして
怪しい記事を作成しましたが、その後も不思議なことがあり、台湾旅行記の作成を途中にして、
急遽 慰霊参り を作成するに至りました。

先にも記しましたが、霊感があるとは思わず、宗教には無関心、無関係で、クリスマスでも平日と変わらない過ごし方、
大晦日も元日も平日通り過ごす私。

ただし、ときどき慰霊参りには行きたい衝動に駆られるため、主に ひめゆりの塔 や 平和祈念公園 に出掛けています。

そして先日、平和祈念公園 と ひめゆりの塔 を訪れた後、かねてより慰霊参りをしたかった、
 白梅の塔 にも立ち寄った次第です。


*カメラは Panasonic DMC-TZ30


b0313338_20083499.jpg
白梅の塔

遡れば、小学3年生頃から大東亜戦争に興味を持ち始め、
小学校の自由時間には図書室で戦争の歴史にまつわる本を読み、特に特攻作戦や沖縄戦の写真を見ては、
「なぜ日本は負けてしまったのか」と悲しくも悔しい気持ちで一杯になった。

大人になったら、沖縄戦で亡くなられた方々の慰霊を沢山したいと思っていた割には、
赴く地が 平和祈念公園 と ひめゆりの塔 に偏重していたので、
以前から気になっていてもなかなか訪れることのなかった 白梅の塔 へ足が向いたわけです。

白梅の塔の石碑

沖縄県立第二高等女学校の四年生五十六人で編成された白梅学徒看護隊は、昭和二十年三月六日第二十四師団(山部隊)の衛生看護教育隊に入隊し、補助看護婦としての特別集中教育を受けていた。
 米軍の艦砲射撃が激しくなった同月二十四日から、東風平町富盛の八重瀬岳にあった同師団の第一野戦病院に軍属として配置され、昼夜別なく傷病兵の看護に専念した。
 戦況は日毎に悪化し、同年六月四日遂に白梅隊に解散命令が下り、
隊員は散り散りになって戦野を彷徨し、一人またひとりと戦火に斃(たお)れていった。
その場所は殆ど不明である。
 また、解散後この地に後退した山第一野戦病院に、再び合流した一部の白梅隊員は、同年六月二十一、二十二の両日に亘(わた)り、米軍の猛攻撃を受け無念の最期を遂げた。この辺一帯は、白梅隊員の最も多くの犠牲者が出た所である。
 塔は、戦没した白梅隊員及び沖縄戦で戦死、或いは戦争が原因で亡くなった教職員・同窓生百四十九柱の鎮魂と、世界の恒久平和を祈念して昭和二十二年一月に建立した。
 毎年六月二十三日の「慰霊の日」に例祭が行われる。

 平成十年六月二十三日

 沖縄県立第二高等女学校 白 梅 同 窓 会





b0313338_20090471.jpg


白梅の塔 の隣には 萬魂之塔 が建立されており、合祀者数は4000余柱。





b0313338_20093772.jpg


萬魂之塔 の隣には 陸軍大尉 中村厳之碑 が建立されており、日本陸軍と白梅学徒隊が協力して防衛に当たっていたことを連想させる。


他の塔にも慰霊参りをしたかったものの、献花が足りなくなったことで帰宅。

そして、その日の晩のこと。

就寝時に2月以来の金縛りに遭い、寝室の入り口から意識体が入ってくるのを感じ取り、その意識体は足元を回って耳元へと近づいてきたのが分かった。
その意識体は私に向かって何かを伝えようと話し掛けてきたのだが、聞き取ることは出来なかった。

もちろん金縛りの睡眠学上のメカニズムは承知しているのだが、視線を感じることはあっても、意識体の動きまで感じ取ったことなど今まで無かったこと。

それが霊的なことではなく、単なる金縛りであったとしても、再び白梅の塔に行かざるを得ない衝動に駆られたわけです。
今まで慰霊塔や慰霊碑、お墓などを撮ることは不謹慎だと考えて、被写体として認識したことはなかったのですが、
自分で撮って、心ある人に見てもらいたい、知ってもらいたいと行動に移したのは初めてのこと。
なので、上の写真は金縛りに遭ってから2度目に訪れた時の写真です。


そして、2度目の 白梅の塔 で、金縛りに遭った時の意識体の伝えようとしていた気持ちが分かった気がしたのでした。
以下に続く。





b0313338_20080360.jpg
金縛りに遭った日から6日後に2度目の訪問

白梅の塔 に行く前に、最初の訪問で行けなかった 山形の塔 の方面から先に回ることにした。 






b0313338_20111154.jpg
山形の塔 の道を挟んで反対側に建立されていたのは 歩兵第32聯隊 終焉の地の石碑。

歩兵第32聯隊の所在地は秋田ー山形。

沖縄戦では、米軍の圧倒的な兵器兵力・物量にも関わらず、追い詰められながらもこの地まで奮戦奮闘していただけあって、
聯隊の錬度は優れ、砲兵の射撃能力も優秀で、連隊砲の命中精度は他の連隊の2倍ほど高かったとか。






b0313338_20104217.jpg
山形の塔 に続く道の前には壕への入り口があった。






b0313338_20115107.jpg
壕への入り口は、柵が設けられ、立ち入り禁止となっている。






b0313338_13442625.jpg
山形の塔

枯れていた花壇の献花は、訪れる人が少ないことを語る。






b0313338_13444011.jpg
平成27年度に山形県鶴岡市立羽黒中学校の2年生が捧げた千羽鶴。




b0313338_20133224.jpg
山形の塔から更に先があり、そこには 眞山之塔 が建立されている。


怒濤の南進を続ける米軍に対し第二十四師団隷下の各部隊は最後の拠点として真栄里地区に陣地を構築し勇戦奮斗敵の心胆を寒からしめたるも ついに昭和二十年六月十七日この附近の壕内において玉砕せり
 ここに南方同胞援護会の助成を得て塔を建て地下に眠る幾多の英霊を慰め永くその遺烈を伝う


昭和四十二年一月 財団法人 沖縄遺族連合会

合祀者数 100柱

その先を見ると、何やら小さな石碑が建てられていた。





b0313338_20134964.jpg
白梅の塔 上の壕

左の竪穴は、沖縄戦当時 軍の物資置場であったが、白梅学徒看護隊の仮眠所でもあった。
昭和二十年六月二十三日 米軍の攻撃を受け、軍人、白梅隊員および一般住民が死傷した。

昭和六十三年六月 白梅同窓会



白梅の塔 だけで慰霊参りをしたつもりになっていたが、実際に亡くなられた場所が近くにあったとは知らなかった。
そもそも下調べをして慰霊参りに行こうとは思っておらず、地図を見て気になっていたから訪れてみたかったという動機。





b0313338_20141255.jpg
白梅の塔 に戻って辺りを散策すると、白梅学徒隊の「自決之壕」の碑を見つけた。





b0313338_20150483.jpg
その側には小さなお堂があり、その真横に学徒隊や負傷兵、一般住民が逃げ隠れていたとされる壕の入り口を発見することになった。

1度目に来た時からお堂の存在には気が付いてはいたけれど、どうも足が向かなかったわけで。





b0313338_20151816.jpg
新たな発見があったのはいいけれど、この壕、全く入る気になれない。
お供え物が薄っすら見えている場所にも近づけない。それは妻も同じ心境だったという。

なので、ここで合掌させていただくことにした。

それでも思った。
金縛りに遭った際、耳元で何かを伝えようとしたのは、上の壕 と 下の壕 があり、それを知ってもらいたかったのではないかと。
そして、私のブログを通じて、沖縄への慰霊に関心がある人にも伝えてほしかったのではないかと。


帰宅後に 白梅の塔 を調べてみたところ、青山繁晴さんが講演会やTVなどで 白梅の塔 を語るようになってから、
徐々に慰霊参りに訪れる人達が増えたことを知った。
そして、青山繁晴さんが37年間通い続けても、未だに入壕する際には恐怖するのだとか。
それでも純粋な気持ちで慰霊をするのであれば、男性なら壕まで入って地面を撫でて慰めると良いと語っておられ、
反面、女性の場合は階段の奥から4段目までにしておいた方が良いとも語っておられた。
何も知らない10代の少女ゆえに、嫉妬するのだとか。

*亡くなったのは学徒隊の少女達だけではないことを強調しておきたい。




b0313338_16554113.jpg
白梅の塔付近の慰霊を終えた後、西に約600m離れた 栄里之塔 へ

ここでも献花と合掌。

歩兵第二十二連隊は第三十二軍の左第一線部隊として真栄里付近に布陣し、南進を続ける優勢なる米軍に対し熾烈なる砲火をあびせ遂に 米軍司令官バーグナー中将 もこの地に戦死す、
 住民とともに勇戦奮斗せる我が軍は物量を誇る米軍の攻撃に抗しきれず善戦空しく昭和二十年六月十七日玉砕し悠久の大義に生く、
 終戦後真栄里部落民は本戦斗に協力せし住民並びに将兵の遺骨12,000柱を収集し栄里之塔を建立せしもこのたび南方同胞援護会の助成を得てあらたにこの地を画し塔を改修し永くその遺烈を伝え英魂を弔う

昭和四十三年 三月  財団法人 沖縄遺族連合会




b0313338_16545084.jpg
栄里之塔 の交差点から南を望む。

人工建造物は少なく、当時の面影が残っているかもしれない。




b0313338_17153473.jpg
交差点には農家さんの無人販売所があり、トマトソースパスタ にして食したところ、とても甘くて美味しかった。

人が多く亡くなった土地で育ったトマトが、誰かの命の源へと繋がっていくということ。





b0313338_17180135.jpg
栄里之塔 の道を挟んだ反対側(西側)にはバックナー中将の慰霊碑 があり、こちらも初めて足を運んでみた。





b0313338_17183241.jpg
バックナー中将の慰霊碑だけかと思っていたが、そこには CLADIUS M.EASLEY(クローディアス エム イーズリー)という名の
陸軍准将の慰霊碑があり、その横には





b0313338_17194047.jpg
米軍歩兵第383 旅団長 EDWIN T MAY(エドゥイン T・メイ)の慰霊碑もあったので、こちらにも献花、合掌をした。

階級の有無問わず、米軍にも多数の死者が出たわけで、その方々の慰霊は平和祈念公園を意識したい。




b0313338_17200986.jpg
そして、最後に バックナー中将の慰霊碑 に献花、合掌。

この後、お墓を背に階段を下り始めると、急に左胸の脇と心臓の間あたりに激痛が走り、
呼吸が苦しくなったことでまともに歩くことが出来なくなった。

階段をゆっくり下ると、少しずつ痛みが緩和されていったが、自宅に帰ってもなお若干の痛みが残っていた。

そして、バックナー中将の死因について調べると(Wikipediaから引用)、

日本陸軍の野戦重砲兵第1連隊第2大隊の九六式十五糎榴弾砲が放った砲弾がバックナーの居た観測所の真上で炸裂、
えぐられた岩片が胸部に当たり10分後に絶命


とあり、夫婦で驚愕した。

あの痛みは バックナー中将の痛み だったのかは分からないけれど、不思議な体験をしたのは確かだ。




これで不思議な出来事が終わりかというとまだ終わらない。


その日の晩、金縛りに遭うことなく寝ていたところ、

「トントントントントン」

という床を軽く叩く音で目が覚めた。

それも隣で寝ている妻の頭の上辺りから確かに聞こえる。

妻が床を叩いているのかと思ったが、深い眠りについていたのでそれは無理。

しばらくすると音が止み、特に怖い気もしなかったので再び眠りにつくと、また同じ場所から

「トントントントントン」

という同じ音で目が覚めた。

そのまま音を聞いていたところ、わずかな時間で音が止んだので、そのまま寝ることにした。


翌朝になって考えてみると、音の発生源は まっくろくろすけ を見た場所から50㎝くらいしか離れていない。

モールス信号だとしても解読ができず、何を訴えているのかは分からないが、三度、白梅の塔 の辺りに出向こうと思う。


この不思議な体験はともかく、読者の方で慰霊参りに関心を持っている方がおられましたら、

沖縄旅行の際には ぜひお立ち寄り下さい。







にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

by south29island | 2016-04-30 20:45 | 慰霊参り | Trackback | Comments(0)

後方から撮る着陸態勢  A320  中国東方航空(MU)

2015年12月20日の撮影記録


テレコン装着の撮影時、上手く捉えられる率の高い航空会社と、低い航空会社がある。
上手く捉えられる率の高い航空会社として 中国東方航空 があり、とても相性が良いように思う。
逆に、率の低い航空会社として挙がるのは ソラシドエア(SQ) 。

なので、未だカテゴリー内に ソラシドエア が不在なわけで。






b0313338_18222682.jpg
Canon EOS 8000D  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
APO TELE CONVERTER TC-2001
ISO-200  f/20  SS 1/160 1054mm (35mm換算 1686mm) (MF )
DPP現像 ピクチャースタイル 忠実設定(シャープネス・色調補正)  リサイズ加工
撮影場所 瀬長島 展望公園
中国東方航空(MU)  A320-200  レジ番号:B-6616







にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

by south29island | 2016-04-26 21:30 | 那覇空港 中国東方航空 | Trackback | Comments(0)

ホワイトマスク B787  全日空(NH)

2015年08月01日の撮影記録


先に書いておくけれど、霊感があるとは思ったことがなく、宗教には全く無関心で無関係な私。

けれども、最近どうもおかしい。

まずは2か月前位の名古屋に行く前日の晩の事。
寝ていると突然金縛り状態になり、寝室の入り口に誰かが立っていて見つめられている視線を感じた。
3回ほど金縛りにあっては視線を感じたけれど、疲れていればそんなこともあるかと思って忘れていたほど。
翌朝になってPCを見ていたところ、視界に入らないリビングの引き戸が開いた音がして、(いつもより控え目な)
その直後、視界の端辺りに白くぼやけた人(のような)が入ってくるのを確認した。
妻は白い服が好きなので、当然 妻がリビングに入ってきたとして横を向いたところ、
誰もいないどころか引き戸も開いていなかった・・・

どうやらね、見てしまったみたい、霊体を(大汗

妻(霊感無し)が言うには、前日サトウキビ刈りに出掛けた両親が、沖縄戦で亡くなった人の霊を連れてきてしまったのではないかと。
その日のうちに両親には平和記念公園へ慰霊参りをしてもらったところ、その後、金縛りにあうことも見ることもなくなったわけで。


そしてつい先日、コメントが寄せられる強い予感がしていたところ、約2年間コメントを頂くことがなかったにも関わらず、
本当にコメントが寄せられたという不思議な出来事が(汗 (テレコン2xについての内容)


さらに本日、ジブリの世界だけかと思っていた アレ を見てしまった。
EM菌を薄めた水で床拭き掃除をしていた最中、洗面所で雑巾を絞っていたところ、
鏡に映った寝室(照明点灯中)の床に、約10センチほどの黒色のような灰色のような透明感のある2つの球体がフワフワと居座っている姿を見た。
それも見間違いがあるといけないので、2~3秒間凝視したくらいにして見たので間違いない。

雑巾を絞った後に寝室を覗いてみると無人であり、リビングを見ると妻は座ってPCを見ていた。
念のために寝室に来ていなかったと聞くと、リビングにいたと言うので、寝室で見たものはおそらくアレに違いない。

そう、ジブリ映画「となりのトトロ」で見たことのある

まっくろくろすけ(笑


ネットで調べてみると、結構見たことがあるという人たちがいたので、変に安心してしまった。
まっくろくろすけ ではないにしても、例えて言うなれば まっくろくろすけ が一番しっくりくる。

他にも不思議とも言える出来事はあったけれど、これぐらいにしておこう。
何のブログか分からなくなってしまう(苦笑






b0313338_20303516.jpg
Canon EOS Kiss x7  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
APO TELE CONVERTER TC-2001
ISO-200  f/16  SS 1/400 1200mm (35mm換算 1920mm) (MF )
JPEG撮影 ピクチャースタイル スタンダード(シャープネス・色調補正済み)  リサイズ加工
撮影場所 瀬長島海中道路

全日空(NH)  B787-8  レジ番:JA816A






にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

by south29island | 2016-04-23 20:45 | 那覇空港 全日空 | Trackback | Comments(0)

雨天の離陸 FLY to 2020特別塗装機  日本航空(JL)

2016年04月09日の撮影記録


昨日、3泊4日の台湾旅行から カメラを除いて 無事に帰国しました。
というのも、お供にした8000Dが最終日に壊れてしまったようで、電源が入らず使用不能な状態なのです(涙

後日、台湾旅行の記事と共に報告する予定です・・・




b0313338_21020111.jpg
Canon EOS 8000D  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-400  f/9  SS 1/200 516mm (35mm換算 825mm)
DPP現像 ピクチャースタイル 忠実設定(シャープネス・色調補正)  リサイズ加工
撮影場所 琉球温泉瀬長島ホテル前

日本航空(JL) B777-300 レジ番:JA751J  FLY to 2020特別塗装機 








にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

by south29island | 2016-04-18 21:15 | 那覇空港 日本航空 | Trackback | Comments(1)

曇天の離陸 早めの上がり B747  カリッタエア(CKS)

2016年03月30日の撮影記録


飛来してから4時間以内に荷物の搬送作業を終えての離陸。
風が少々強めで、前回撮った時と比べると早めの上がりでした。






b0313338_21221134.jpg
Canon EOS 8000D  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-200  f/8  SS 1/320 403mm(35mm換算 644mm)
JPEG撮影 ピクチャースタイル 忠実設定(色調のみ補正済み) 水平補正 リサイズ加工
撮影場所 道の駅 かでな 4F 展望台

カリッタ エア(CKS) B747-400  レジ番号:N402KZ
16:41 撮影








にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

by south29island | 2016-04-13 21:00 | 嘉手納飛行場(DNA) | Trackback | Comments(0)

雨天の離陸 両翼から雨水の吹き飛ぶ瞬間  A330 香港航空(HX)

2016年04月09日の撮影記録


滑走路が濡れているので引っ張りを見せてくれるかと期待したものの、普段とあまり変わらない地点で上昇・・・
A330で777のような引っ張りを見てみたいけれど、無理なのだろうか。






b0313338_12075358.jpg
Canon EOS 8000D  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-200  f/9  SS 1/200 600mm (35mm換算 960mm)
DPP現像 ピクチャースタイル 忠実設定(色調のみ補正) NR処理 リサイズ加工
撮影場所 琉球温泉瀬長島ホテル前

香港航空(HX) A330-300 レジ番:B-LNP








にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村


by south29island | 2016-04-12 21:45 | 那覇空港 香港航空 | Trackback | Comments(0)

雨天の離陸 しぶきが撮りたくて B787  全日空(NH)  

2016年04月09日の撮影記録


雨天の離陸で見られる しぶき を撮ったことがなかったので、防滴構造が無いレンズに手ぬぐいを覆ってチャレンジしてみました(大汗



b0313338_21580406.jpg
Canon EOS 8000D  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-200  f/9  SS 1/250 600mm (35mm換算 960mm)
DPP現像 ピクチャースタイル 忠実設定(色調のみ補正) NR処理 リサイズ加工
撮影場所 琉球温泉瀬長島ホテル前

全日空(NH) B787-8 レジ番:JA825A
この時は雨が弱まっていたからまだ良かったけれど、この後の黒い雨雲と雨量がね・・・







にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

by south29island | 2016-04-10 22:00 | 那覇空港 全日空 | Trackback | Comments(0)

那覇ー台北(桃園)線 機材大型化で毎日 747  チャイナエアライン(CI)

2016年03月26日の撮影記録


03月27日から 那覇 ⇔ 台北線 の機材が大型化され、毎日 747 での運航。(月と曜日によっては昼便 A330の日もあり)
つまり、那覇空港で 毎日 747 の撮影が可能で、搭乗する人は高い確率で 747 に当たるということ。
飛行距離が長くないだけに、とても贅沢な機材運用。 

チャイナエアラインに乗ってみたいけれど、今後も桃のA320かな・・・
撮る方で楽しませてもらおう(苦笑





b0313338_20292347.jpg
Canon EOS 8000D  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-100  f/8  SS 1/500 600mm (35mm換算 960mm)
DPP現像 ピクチャースタイル 忠実設定(露出、色調補正)  リサイズ加工
撮影場所 琉球温泉瀬長島ホテル前

チャイナエアライン(CI)  B747-400  レジ番号:B-18206
1月、2月の頃のような寒さはなく、曇りでも陽炎の影響は免れなくなってきた感じ。



昨年の写真ながら、夜の便の姿も 







b0313338_18552965.jpg
Canon EOS 7D  SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM Sports
ISO-320  f/5.6  SS 2.5/1 182mm (35mm換算 291mm)
JPEG撮影 ピクチャースタイル スタンダード(シャープネス0) リサイズ加工のみ
撮影場所 那覇空港チェックインロビー階

チャイナエアライン(CI)  B747-400  レジ番号:B-18208
2015年05月06日 撮影
8000Dでも撮ってみたいところだけど、夜はなかなか足が向かなくなってきたわけで。
そのうち撮りに行ってみなければ。









にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

by south29island | 2016-04-08 20:45 | 那覇空港 チャイナエアライン | Trackback | Comments(0)

P-8 ポセイドンの離陸  アメリカ海軍  

2016年03月30日の撮影記録


基本的に曇りの天気ではあったものの、時折陽が差し込むこともあって日中は陽炎が元気だったこの日。
E-3 sentry も離陸したけれど、良い具合に溶けてしまったわけで。
それでもポセイドンの離陸時には収まりを見せはじめたことで、大きな影響を受けずに済みました。





b0313338_06540315.jpg
Canon EOS 8000D  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-100  f/8  SS 1/400 468mm(35mm換算 748mm)
JPEG撮影 ピクチャースタイル 忠実設定(色調のみ補正済み) リサイズ加工のみ
撮影場所 道の駅 かでな 4F 展望台

アメリカ海軍   Boeing P-8A Poseidon (737-8FV)  レジ番号:168851
15:10 撮影








にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
by south29island | 2016-04-07 19:15 | 嘉手納飛行場(DNA) | Trackback | Comments(0)

黒い片翼が目印 コブラボールの飛来  アメリカ空軍

2016年03月30日の撮影記録


この日は名古屋から来られていた方の隣で撮影。

その方の撮影機材が凄かった!
Canon EOS-1D X + EF600mm F4L IS II USM + EXTENDER EF2X III
 + マンフロット ビデオキット カーボンファイバー三脚 、総額は約200万円だって話し(大汗
しかも、サブ機の フルサイズカメラ + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM を持ってみえたので、驚くばかり(汗

メイン機の話しとしては、エクステ を装着しても F8 なので AF が効くものの、動体では追いつかないことが多く、
MF で撮られているとの事。
恐れ多くも少々触らせて頂き、ファインダーを覗かせてもらったところ、1200mm ながら F8 は明るく、そして視野が大きい。
ピントリングはとてもスムーズでピントも掴みやすい印象でした。

で、その方はコブラボールが好きとのことで、飛来しないかな~なんて話しをしていた矢先に、コブラボールがまさかの飛来(驚
北朝鮮のミサイル発射に対する情報収集の一環で、この日以前から飛来していたみたいですが、
それにしてもタイミングが良すぎるような・・・
その方のおかげかどうかはともかく、初めて撮影することができたので良しとしておきます。






b0313338_05240308.jpg
Canon EOS 8000D  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
ISO-100  f/8  SS 1/500 244mm(35mm換算 390mm)
JPEG撮影 ピクチャースタイル 忠実設定(色調のみ補正済み) リサイズ加工のみ
撮影場所 道の駅 かでな 4F 展望台

アメリカ空軍   RC-135S コブラボール  レジ番号:61-2663
13:53 撮影
米軍機の種類は難しい。
リベットコードとコブラボールの違いが分からず、鼻の長いタイプは全て同じだと思っていたわけで(苦笑








にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
by south29island | 2016-04-05 20:00 | 嘉手納飛行場(DNA) | Trackback | Comments(0)